パソコン処分の前に実施すべきデータ消去

パソコン処分の前に実施すべきデータ消去

パソコン処分をするときは、データ消去を実施することが大切です。パソコンが不要になる理由は様々ですが、例え起動しなくなったという場合であっても作成したファイルは残っている可能性があり、そのままにしておくと個人情報が流出してしまう可能性があります。 パソコンのデータはHDDもしくはSSDというパーツに保存されています。データの消去とはこれらのパーツに保存されたファイルを削除することを指しますが、通常のパソコン操作で行う削除では不十分です。実は、削除したデータは表面的に見えていないだけでHDDもしくはSSDには記録されたままになっていることがあるのです。 そこでおすすめなのが、ファイルを完全に消去してくれるデータ消去用の専用ソフトウェアを利用することです。専用ソフトウェアはデータを消すだけでなく、複数回にわたって新しいデータを上書きすることで復旧を不可能にする処理を行ってくれます。パソコン処分の際は必須の作業だと言えるでしょう。

パソコン処分はサービスに出す前に個人情報を処分する

パソコンは長年使う家電なので、捨てるシーンが数年に一度しか訪れません。実は普通に粗大ごみとして捨ててはいけないという自治体が多く、捨てるたびに困って調べることになります。また、パソコン処分のサービスがあったとしても簡単に渡すのではなく、内部に保存してある個人情報を確認する必要があるでしょう。つまり、パソコン処分のサービスではボランティアで回収してくれるのではなく、内部で使われている部品でまだ使えるものがないか調べて再利用されることがあるからです。ハードディスクなど個人情報の入っていそうな部品をそのままパソコン処分に出してしまうのは非常に危険であり、出す前に外しておくか破壊しておくことをお勧めします。取り出してしまえば小さな機器なので、破壊して燃えないごみに出す事も可能です。このやり方が最も使われている手法かもしれません。新しいハードディスクなら、頑張って電気ドリルを遣う事もなく、ドライバーで破壊出来る専用の穴が付いていたりします。

パソコン処分といえばに関する情報サイト
パソコン処分をするなら知っておきたいノウハウ

このサイトでは、パソコン処分について気を付けたほうが良い点に関する説明をしていきます。なんの対処もせずに普通のごみのように捨てるのは危険ですが、まだまだ知られていないためそのノウハウや買取依頼を利用するメリットなどについても解説されている役立つ情報です。パソコンを処分する際には、データ消去をすると安心して捨てることができますがその理由や方法などのことも触れていきますので、廃棄したい方にはおすすめです。

Search